設計事務所・分離発注方式について、こんなことをよく聞かれます

設計事務所を入れると良いのはわかるけど、建築コストが高くなるのでは?


設計は設計事務所、大工工事は大工さん、水道は設備屋さん、建材は建材屋さん、木材は製材工場と言うように
私たち技術屋の考え方は「餅は餅屋」です。
*(餅は餅屋)…何事においても、それぞれの専門家に任せるのが一番良いということの例え。

いつもはメーカーさんの下請けをしている各種の専門業者さんと建築主様が直接契約する方式を基本としており、メーカーさんの広告宣伝費や営業経費などが削減されますので、
設計料を入れても、さらに10~15%ダウンで建築できます
請負方式でも同様に交渉しますので下がった実績が多数あります。

責任は誰がとるのですか? 入居後アフターは?


直接契約ですのでマージンは必要なくなり、責任はそれぞれに分かれ明確になります。
設計は設計、施工管理は施工管理者、専門の工事業者さんはそれぞれが自分の責任を負います。

ただし、建築主様がそれぞれにアフターや責任の話しをするのは難しいので、
小西建築工房が窓口となり入居後のアフター監理や交渉を行いますので、ご安心ください。

小西建築工房は施工側ではありません。どんな場合でも建築主様側に位置する事を立場としており、施工者側の利害を持ちませんので、私たちは正当に建築主様側での監理を行うことができます。

小西建築工房の責任と、小西建築工房が責任を取れない事 → こちらのページへ

デザインが良いとは思うけど、断熱や構造は優れているのかな? 施工のことは知らないのでは?


動線、空間、採光など人間工学的なデザインを駆使し、住みやすさ、キッチンの使いやすさなどを含めたすべてをデザインします。
断熱や構造は設計のあたりまえであり、基本と考えています。

※弊社設計案件はUA値0.16(w/m2・k)換算Q値0.58(無暖房住宅クラス)を実績しています。

※デザイン(design)…企画立案を含んだ設計あるいは意匠。「指示する,表示する」という意味を表すラテン語。designareから出た語。

※代表の小西は、メーカーで20年間、施工→設計企画→営業リーダーを経験してきており、施工の知識は持っていると自負しております。

※依頼主様の価値観で低性能をご希望する場合はご説明の上、問題の起きない範疇で、依頼主様価値の設計を致します。

機能的な住宅はできるのですか? 私たちの意見も取り入れてくれるのかしら?


私たちは建築の専門技術者として建築主様に委任されており、建築主様側の立ち位置です。
出来る出来ない事など、時には意に沿わない場合もあるかとは思いますが、それでも目的は依頼主(建築主様)の建築物であり、
主体となるのは 建築主 = 依頼主様 です。
何があっても私たちのベクトルは「建築主 = 依頼主様の夢の実現」に向いており努力させていただきます。
よろしくお願いいたします。